BCP策定日記

令和2年1月 新型コロナウィルスの流行

新型コロナウィルスの流行の流行が日本でも懸念されています。

BCPの観点からいうと、新型コロナウィルス以外にもインフルエンザ、ノロウィルスなどが社内で流行した時の対処方法を考えておかなければなりません。

もし、社員の一人がが今回のような新型コロナウィルスに感染した場合、他の従業員にも感染している可能性も高く、クルーズ船の乗客のように10日~14日自宅待機などの処置がとられるか可能性があります。

最大2週間も社員が出勤できないとなると事業はストップしてしまい、再開後の対応もかなり大変になる可能性があります。

2週間社員が出勤できない場合にどうするのか?
再開後にはどうするのか?
などのマニュアルを整備しておく必要があります。

当社としても、今回の新型コロナウィルスの件があり、このような事案があった場合のマニュアルも作成していくこととなりました。

色々な事を想定していかなければならないので、BCP策定は難しいですね~

過去の記事は右側のタイトルをクリックしてください。